薬剤師の就職先

薬剤師と調剤薬局


調剤薬局の役割

医薬分業が進んだことで、医療機関は処方箋を発行するまでが役割となり、処方箋を基に薬の調剤を行うのが薬剤師及び調剤薬局の役割となっています。 これにより調剤薬局が増えたため、薬剤師の雇用情勢は売り手市場が続いていますが、調剤薬局での薬剤師の役割には、医療機関が発行した処方箋の確認と薬の調剤、 調剤した薬の内容を患者に説明することが主な仕事内容となります。

医療機関が発行した処方箋は医師が作成したものですから間違いはほとんどありませんが、間違いがあると副作用などから人命にかかわる事態が起こってきます。 薬剤師は医師の処方箋に間違いが無いか確認する必要がありますので、医師と薬剤師が処方箋の内容を二重にチェックできるメリットがあると言えます。 医療機関と調剤薬局が医薬分業されたことで、医療機関では調剤に関わる業務量が低減し負担が軽くなっていますが、医薬分業によりこれ前以上に双方の責任が明確化されたことになります。 ですから医療と調剤共に質の向上が図れるため、患者にとってはメリットが大きくなったといえます。

薬剤師のメインとなる業務が調剤となりますが、処方箋の内容を確実に把握し正しい容量で調剤する責任が問われます。処方箋の内容が間違っていなくても、 調剤を行う際に間違えてしまうと意味がありませんので、最も慎重に行う必要がある作業となります。
調剤された薬は患者に渡すことになりますが、高齢者や子どもでも理解できるように薬の内容を説明する責任が薬剤師にはあります。処方箋の内容が正しく、調剤も処方箋通りに行われても、 用法・用量を間違えれば毒にもなってしまうのが処方される薬ですから、患者に対しては正しく説明する責任があるのです。

調剤薬局で働く薬剤師には、医薬分業により一層責任が増したことになりますので、医師は医療機関で正しく役割を果たす責任がありますし、 薬剤師と調剤薬局にも同じように責任を持って取り組む役割が課せられているのです。

調剤薬局と医療機関が医薬分業によって独立した背景には、医師は医療行為に専念できる環境を確保し、薬に関しては専門家である薬剤師が担当することで医療の質を向上する点にあります。 それぞれの役割を明確化することで、質の向上と効率の良い医療を目指すことが目的となっているのです。院外処方箋への切り替えは年々進んでいますので、 それにより薬剤師も医療機関から調剤薬局へと勤務先が変わってきているのです。