薬剤師の就職先

薬剤師に求められる質

病院や薬局といった医療施設に従事し、医師の発行する処方箋などに応じて消費者に薬品を処方する薬剤師は、日本に住む人の健康を維持していく上で必要不可欠な職業となっています。 ですが薬剤師の業務というものは一般に思われている以上に多岐にわたるものであり、そこで求められるサービスの質も非常に高いものが存在しています。 では薬剤師が提供する「薬品の調剤・処方」といった業務において求められるサービスの質とはどういったものなのでしょうか。

まず最もわかりやすいサービスの質となるのが「消費者それぞれの薬品の管理」です。現代の日本ではそれぞれの個人が今まで処方された医薬品の情報を管理するために 「おくすり手帳」と呼ばれるようなものが存在していますが、ここには必要な情報を的確に記入していくことが求められます。的確な情報を記入するということは知識なくしては不可能であるため、 処方を担当した薬剤師が自ら記入するということで情報管理が行えるようになるのです。昨今では直接記入する方法のほか、誰でも読めるようにコンピューターなどからプリントされたシールを貼り付けていくことで 情報管理を行うという手法も一般化しており、知識のない個人であっても「自分がこれまでどのような薬を飲んできたのか」ということがよりわかりやすくなっています。

また大きなサービスの一つとなるのが「処方する薬の選択」です。医薬品というものはどれも健康を増進する作用や、発生している疾病を治療する作用があります。 ですがそうした人体に影響する医薬品は、大小の違いこそあれど、必ず副作用も存在しているものです。個人の体質によっては副作用が出やすい人や出にくい人などがいるため、 それぞれの個人に合わせた薬を調剤することで、医療サービスの拡充を図ることができるようになっているのです。

ここまで挙げたことは薬剤師それぞれが行っていくことですが、サービスの質という観点で言えば、調剤薬局内の環境の整備などもサービスの質の一つといえます。 例えば調剤受付の待ち時間が少なくなるように設備を整えたり、待ち時間に不自由なくすごせるように飲み物のサービスを提供したりなど、こういったサービスはそれぞれの病院や薬局によって様々な方法で拡充されています。 こうしたことは「調剤薬局同士の競争」をより有利に進めるための試みであるという一面ももちろんありますが、薬を必要とする消費者に対してより快適なサービスを提供するという麺でも大きな意味があるのです。