薬剤師の就職先

薬剤師とドラッグストア


薬剤師とドラッグストア分析

薬剤師とは、医療分野の専門職でありながら様々な仕事に就くことが出来るという特色を持っています。薬学の研究を新薬に活かす研究開発職として製薬会社に入る人もいるでしょう。 あるいは薬剤師の本分でもある薬剤調合の技術を医療臨床の現場でいかんなく発揮する病院勤務の仕事もあります。 一方で診療報酬の関係から独立して存在することが一般的な調剤薬局も薬剤師が活躍する場の一つです。そして最後にサービス業である薬局やドラッグストアでの勤務が挙げられます。

これらの仕事はそれぞれ待遇が大きく違います。研究職はポストそのものが少なく、顕著な成績または業績を持っており、かつチャンスを活かすことが出来る運が必要になる狭き門です。 病院勤務の場合は常勤医師が複数名いる様な大病院でなければ抱えていないことも多いので限られた職場ということが出来ます。調剤薬局も顧客の範囲が限られているため、 それほど大きな需要にはなりません。そうなってくると薬剤師が真剣にドラッグストアでのサービス業に従事することを想定してドラッグストア分析をしておく必要があるのかもしれません。

現在の制度では、薬剤師が不在の場合には販売できない薬があるということでドラッグストアに薬剤師を雇用する義務が生じています。ひと昔前は薬剤師が不在の場合には営業そのものも出来なかったのです。 そのためドラッグストアチェーンの店長職を兼務しながらドラッグストアに付属する調剤薬局を管理運営してきた薬剤師が大勢いました。 近年やっと薬剤師が不在の場合には一定の経験を積んだ登録販売者というスタッフをトレーニングすることで営業することが許されるようになってきました。 このようにして薬剤師の圧倒的に有利な条件というのはなくなってしまったのです。

そのためドラッグストアにおいてもかつてのように引く手数多ではなくなりました。そのため薬剤師は有利な条件での雇用を得るためにドラッグストア分析が必要になってきたのです。 ドラッグストアには数多くのチェーン店が存在しています。このような薬局では積極的な成長計画を立案しており、日々それを実行しようと活動を続けています。 ドラッグストア分析はどのようなドラッグストアがどのような方向性で業務拡大を狙っているのかを見極める必要があるのです。その様な業界動向を見極めたうえで就職をすることが生き残るために必要な作業なのです。 薬剤師は医療免許ですが、このように色々な道が広がっています。