薬剤師の就職先

薬剤師と調剤薬局とドラッグストア

近年、薬剤師の採用を積極化している業界として調剤薬局とドラッグストアの2つが挙げられます。調剤薬局業界では大手のチェーンが中小の店舗をM&Aをする流れが出ています。 中小の調剤薬局では経営者が高齢になってしまい、大手のチェーンに売却することが行われています。そのため、大手の調剤薬局チェーンでは店舗数が増える結果となり、 新たに薬剤師を確保する必要性が出ています。

大手の調剤薬局チェーンでは従来からある病院の近くの門前薬局以外の業態を増やす流れも強まっています。大手の調剤薬局チェーンの中では、 コンビニや家電量販店の中に調剤薬局を併設する店舗や、駅の中や駅前の調剤薬局の出店を増やしているところがあります。
また、新しい業態としてショッピングモール内に医療モールを作って、同時に調剤薬局を運営しているチェーンも出ています。そのような新しい業態の店舗が増えていることも、 薬剤師の採用を強化する要因となっています。さらに調剤薬局チェーンの中では、在宅医療事業に力を入れ始めるところが現れています。在宅医療では、定期的に患者の自宅に薬剤師が薬を届けることが行われています。 今後、在宅医療を利用する患者は増えていく方向性があるだけに、薬剤師の仕事はさらなる広がりをみせています。

次にドラッグストア業界では、生活用品などの販売が好調に推移していることから、新規の出店を増やす流れが続いています。ドラッグストアでは第1類の医薬品も販売されていますが、 薬剤師がいないとお客に販売ができない仕組みがあります。そのため、新規にドラッグストアを出店した場合には新たに薬剤師を採用する必要があることから、採用に前向きなチェーンが多くなっています。 また、ドラッグストアチェーンでは店舗内で調剤が行えるスペースを確保しているところが増えています。

ドラッグストア業界にとって、調剤業務というのは安定した収益が見込めるために調剤分野を強化する動きが強まっています。調剤業務を行うためにも、薬剤師を確保することが重要となります。 しかし、ドラッグストア業界では薬剤師の新たな採用が中々進まない状況が生まれています。薬剤師がドラッグストアで働くと薬の説明や調剤といった専門業務の他に、 生活用品などの商品の仕出しなどの仕事をしなければいけないことがあるからです。そこで、大手のドラッグストアチェーンの中では、高額の年棒制を導入して薬剤師を確保しようとしているところが出ています。 薬剤師の就職・転職先について解説したサイトなどを参考にしてみるのもよいでしょう。